自殺予防事業研修会 アディクション型犯罪の理解と支援 再犯防止のために私達は何ができるのか

近年、万引きや性犯罪、違法薬物使用など止めたくても止められない「アディクション型犯罪」の理解は少しずつ広がっています。しかし、死ぬことでしか止められないと苦しんでいる当事者の実態や思いなど、まだまだ私たちは理解を広げる必要があります。2016年より「刑の一部執行猶予制度」も始まり、社会の中で再犯防止を図るための治療や支援が急がれます。アディクション型犯罪を防ぐ地域の役割について一緒に考えていきましょう。

日時
2017年2月16日() 午後1時30分〜午後4時30分 (開場 午後1時)
会場
香川県薬剤師会朝日町会館 2階会議室(定員120名)
  • 参加費無料・当日参加も可

プログラム

  • 講演「窃盗常習者・性依存症者による事件の弁護」〜クレプトマニア弁護を中心に〜
    • 講師
      • 林大悟氏 (弁護士法人 鳳法律事務所、弁護士)
  • 依存症当事者を抱える家族からのお話し
  • パネルディスカッション「アディクションの問題がある刑事事件当事者の回復を支援するために」
    • コーディネーター
      • 荒木龍彦氏 (法務省 四国地方更生保護委員会 委員長)
    • パネラー
      • 田中拓氏 (ひらく法律事務所 香川県弁護士会、弁護士)
      • 荒瀬優弥氏 (藍里病院相談室ソーシャルワーカー)
      • 鍋谷健一 (高松あすなろの会)
主催
高松あすなろの会
共催
全国クレサラ・生活再建問題被害者連絡協議会
後援
四国地方更生保護委員会
香川県精神保健福祉センター
香川県地域生活定着支援センター

参加申し込み

参加ご希望の方は裏面の参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX・電話・メ
ールにてお申し込みください。但し、事前申込みなくとも当日参加可能です。

お問い合わせ先

高松あすなろの会
香川県高松市成合町559-15
フリーダイヤル 0120-39-0476
ファクシミリ 087-885-2390
電子メール www@takamatsu-asunaro.org
  • 本集会は、厚生労働省自殺防止対策事業費補助金により開催しています

講師等紹介

林 大悟(はやし だいご)
弁護士
神奈川県弁護士会所属・全国万引犯罪防止機構正会員・一般社団法人アミティ代表理事・日本労働弁護団常任幹事・一般社団法人弁護士業務研究所理事。主にクレプトマニア患者や認知症に罹患した高齢者の万引き事件、性依存症者による性犯罪事件等に特化して全国で弁護活動をしている。(弁護士法人鳳法律事務所)
荒木 龍彦(あらき たつひこ)
法務省四国地方更生保護委員会委員長
1980年法務省入省、法務省保護局法務専門官、国連アジア極東犯罪防止研修所教官、関東・九州地方の4ヵ所の保護観察所長等を歴任。その間に、薬物アルコール依存に対応する地域のネットワーク作りのため、継続的な関係者会議を各地で開催した。東京保護観察所長であった昨年度、一昨年度はAA日本のA類常任理事を務める。

会場案内

会場は80台分の駐車スペースしかありません。乗り合わせでお越しいただけ
れば幸いです。

「万引きを繰り返してしまう」それはクレプトマニアという病気かもしれません

アディクションとしての万引き

お金を持っているのに万引きしてしまう、お金を払って買い物しようと思って店に入ってもいつの間にか万引きしてしまっている、何度警察に捕まっても万引きが止まらない…こんな行動の原因はクレプトマニア(窃盗症)かもしれません。衝動制御障害の中の一疾患です。 Continue reading →

『あすなろ通信』2016年1月第182号

発行
高松あすなろの会
主な記事

Continue reading →

被連協自殺対策研修会 – 再犯防止への治療・支援 〜死ぬことでしか終われないと思っていた私の万引き〜

万引きを繰り返す人の中に、クレプトマニア(窃盗症)という依存症になっている人がいます。

彼(女)らは、刑務所で服役するだけでは万引きがやめられず、なかには自死という悲しい選択をされた人も少なくありません。

クレプトマニアの人たちの再犯防止のために必要なことのひとつは、依存症の治療と支援です。

今回、犯罪学・刑事政策の第一人者である浜井浩一教授(龍谷大学)と依存症治療の専門家で ある吉田精次医師(藍里病院)をお招きしてご講演いただき、クレプトマニアの人たちの再犯防止について、みなさんと一緒に考えたいと思います。

日時
2016年2月6日(土) 13:20~16:30(開場 13:00)
会場
香川県社会福祉総合センター 7階 第一中会議室 (参加費無料・当日参加も可)

チラシ
『被連協自殺対策研修会 – 再犯防止への治療・支援 〜死ぬことでしか終われないと思っていた私の万引き〜』PDF 445,929バイト

『あすなろ通信』2015年11月第181号

発行
高松あすなろの会
主な記事

Continue reading →

『あすなろ通信』2015年6月第180号

発行
高松あすなろの会
主な記事

Continue reading →

「窃盗症、服役より治療を!」

2013年の6月から当会は、クレプトマニア(窃盗症)への問題に取り組み、自助グループの立ち上げに協力したり、裁判への支援などを行ってきたりしました。

そんな中で、

大きな一歩となる判決
  • 2014年7月31日 NHK高松放送局 万引き依存症で再犯に猶予判決 – 香川県のニュースより一部編集

執行猶予期間中に万引きをして盗みの罪に問われ、1審の裁判で実刑判決を受けた万引き依存症、いわゆる「クレプトマニア」の被告について、2審の高松高等裁判所は「盗みを繰り返さないための治療への意欲が見受けられる」として、1審の判決を破棄し、再び執行猶予の付いた判決を言い渡しました。

この裁判は、盗みの罪で執行猶予付きの有罪判決を受けた高松市の無職の女が、執行猶予期間中に再び万引きをしたとして盗みの罪に問われているもので、1審の高松地方裁判所はことし3月、懲役1年の実刑判決を言い渡し、被告の女が控訴していました。

被告は、経済的理由もないのに盗みを繰り返してしまう万引き依存症、いわゆる「クレプトマニア」と診断されていて、裁判で弁護側は「刑罰ではなく、盗みを繰り返さないための治療が必要だ」と主張し、執行猶予を求めていました。

31日の2審の判決で高松高等裁判所の裁判長は「有罪判決を受けているにも関わらず盗みを繰り返している行為は厳しい非難に値する」と指摘しました。

その上で「被告はみずからクレプトマニアについて知るための集会に参加するなど治療への意欲が見受けられ、情状酌量の余地がある」として1審判決を破棄して、懲役1年、執行猶予5年と保護観察付きの判決を言い渡しました。

被告の弁護士によりますと、執行猶予の期間中に同じ罪に問われ、再び執行猶予が付くケースは珍しいということで、「裁判所が服役ではなく治療による再犯の防止に理解を示してくれたと受け止めている。更正に向けた努力を認めてくれたという意味で大きな意義のある判決だ」と話しています。

高松高等検察庁の次席検事は「1審判決後の事情として治療に努めていることなどを考慮したものと思われる。上告の理由は見いだしがたいと思う」というコメントを出し、上告しない方針を明らかにしました。

が7月31日に高松高等裁判所で言い渡されました。

判決文中に書かれている「集会」とは、当会主催で2014年3月15日に高松で開催した、赤城高原ホスピタル竹村院長講演会クレプトマニア(窃盗癖)って何? 〜なぜ万引きがやめられないのか?〜のことです。

『あすなろ通信』2014年6月第175号

発行
高松あすなろの会
主な記事

Continue reading →

クレプトマニア(窃盗癖)って何? 〜なぜ万引きがやめられないのか?〜

お金を十分持っているのに、なぜか万引きを繰り返す。必要がないものなのに、なぜか盗んでしまう。捕まっても、裁判にかけられても、止められない…。

彼女(彼)は、もしかしたらクレプトマニア(窃盗癖)なのかもしれません。

クレプトマニアは、刑罰を科すだけでは万引きを止められません。「反省していない!」と彼女(彼)たちを責める前に、「もしかしてクレプトマニアかも?」と考えてみませんか?回復のためには、正しい理解と周囲の協力が必要です。

この度、クレプトマニア治療の第一人者である竹村道夫医師を香川にお招きして、講演会を開催することになりました。当事者やその家族、法曹、医療、福祉、更生保護に関わる全ての方と一緒に、回復への途を探りたいと考えています。

日時
2014年3月15日(土)午後1時30分より午後4時30分まで(開場午後1時)
会場
かがわ総合リハビリテーションセンター福祉センター2階 第1・2研修室(定員108名)

  • 参加費無料
  • 当日参加も可

プログラム

講演
「新たな視点から常習窃盗対策を考える ―900症例の治療経験から―」

講師
竹村道夫氏 (精神科医・赤城高原ホスピタル院長)
当事者や家族の話
予定
報告
弁護士からみたクレプトマニア
香川でのクレプトマニア支援について

講師紹介

竹村道夫(たけむら・みちお)高知市生まれ。大阪大学医学部卒業。1990年12月、群馬県渋川市赤城町に赤城高原ホスピタルを開院、同病院院長就任。現在、特定医療法人群馬会赤城高原ホスピタル院長。京橋メンタルクリニック(東京)勤務医。医学博士。精神保健指定医。精神科専門医。飛鳥新社「彼女たちはなぜ万引きがやめられないのか? 窃盗癖という病」(監修)ほか論文・著書多数。

参加申し込み

参加ご希望の方は高松あすなろの会(電話0120-39-0476、ファクシミリ087-885-2390、電子メールwww@takamatsu-asunaro.org)までお申し込み下さい。その際、お名前(ニックネーム可)・ご所属・ご連絡先(任意。電話・ファクシミリ・電子メールのいづれか)お知らせ下さい。ただし、事前申込みなくとも当日参加可能です。

Continue reading →