『あすなろ通信』2011年8月第161号

発行
高松あすなろの会
主な記事

武富士の会社更生は否決しよう! 武富士は破産させよう!

武富士の責任を追及する全国会議からの寄稿です。当ウェブサイトにもすでに掲載していますので、次のリンクよりどうぞ。

体験談 〜「ギャンブル依存症」を越えて〜

  • M. Y.

私は8年前の春に「高松あすなろの会」に入会し、その年の秋に自己破産をしました。借金の最大の原因は「ギャンブル」だったのです。

先日体験記の寄稿依頼がありました。悩んだ末、同じ病気に苦しむ人の為のお手伝いになるのであれば…と思い決心しました。少しでも参考になる事を祈念しつつ…。

私が「ギャンブル依存症」に陥ったのは、すべてパチンコによるものでした。両親に二度も借金返済をしてもらったにもかかわらず、サラ金に手を出してまでパチンコに興じる有様でした。唯二の救いは、ヤミ金に手を出さなかった事と、身内や職場といった他人のお金を着服するという犯罪行為に手を染めなかった事です。極限状態に陥っても、かろうじて良心は残っていたのだと思います。

8年前はまだ高松にはGAは存在せず、AA(アルコホーリクス・アノニマス/アルコール依存症者の自助グループ)に行く事を勧められました。しかし私はこう思ったのです。「私がアルコール依存症のかたの体験談に共鳴出来ないように、おそらくAAに行って話しをした所で共鳴される事は無いだろう。ならば自分自身で乗り越えてみせる」それが自分の中の決意でした。

自己破産以前から、不眠等に悩まされていた私は、心療内科の受診を続けていましたので、医師にすべての話をして、「ギャンブル依存症」の治療も並行して行なう事にしました。心療内科の医師には、主に私の話を聴いて頂く「カウンセリング」をメインに診療して頂きました。

治療の一方で私自身がやらなければいけない事は山積していました。まず「ギャンブル依存症」という病識を持つ事、そして病気の原因が隠れている過去を洗い出す事、今後自分は病気に対してどう対処するか等々です。

ところで、「ギャンブル依存症」を患ったかたの多くは、私と同じパチンコが主なギャンブルと聞きましたので、あえて「この事」を書きます。

パチンコには1/300以上のハイスペック、1/300以下のミドルスペック、1/100以下のライトスペックという、大雑把に言えば3種類の当選確立(スペック)があります。大半の方がこのスペックについて誤解していると思われますので説明します。(ちなみに私はこの事をきちんと理解出来るまでは、自己破産後も数回パチンコに行きましたが、この事を知って以来一度も行っていません)

例えばハイスペックの1/330の台の場合、ほとんどの人が330回転すれば当たると思われているでしょう。しかし現実は違うのです。ハイペック1/330の台を中身の見えない福引箱に例えてみると、329のはずれと1つの当たりが入っている事は確かですが、抽選方法が異なるのです。通常の福引であれば、はずれを引くとはずれの個数は減りますが、パチンコの場合は、はずれを引くと引いたはずれを福引箱の中に戻してから抽選するのでです。しかもタチの悪い事に当たりでも大当たりと小当たりがあり、より当選確立は下がっています。当たりを判別するセグ(パチンコ盤面下部にある小さなランプ)を解析する人もいますが、わかった頃にはそのパチンコ台はホールから消えています。

その事に気付いてからは、パチンコ屋に行く事がばからしく思え、今は、自分の好きなキャラクターが出てくるパチンコ台のメーカーの公式サイト(月額315円)に入会し、ゲームとしてのパチンコを気が向いた時に打っています。

駄文をお読み頂き有難うございました。

財政健全化などのための募金のお願い

昨年の6月18日に改正貸金業法が完全実施され、一部のサラ金御用学者から懸念されていたヤミ金被害の増大やサラ金からの借入が出来なくて困っている人の相談もなく、多重債務者をなくそうという法的整備は進みつつあります。私たちクレジット・サラ金被害者の会=高松あすなろの会の目標であった高金利・過剰融資・過酷な取立てが基本的に払拭される状況が生まれつつあります。

しかし、サラ金利用者はまだ1000万人以上いるといわれ、貧困対策も進まず、安心して暮らせる社会的環境も依然未整備のままで、生活苦を含めて困窮者が巷に溢れているといっても過言ではありません。

そのような中、高松あすなろの会でも相談件数の減少などに伴い財政状況が悪化し始め、財政健全化を進めざるをえなくなりました。また、今年は愛媛県で全国交流集会もあり、多くの人を派遣するためにも沢山の費用が必要です。

勿論、募金に頼らなくていい財政活動を目指すため、会の質やあり方も変えていくつもりです。以上のようなしだいですので、皆様からの浄財をよろしくお願いいたします。

振込を希望される方は、高松あすなろの会までご連絡下さい。

お盆休みのお知らせ

  • 8月15日()は、お盆休みとさせていただきます。
  • 多重債務・生活再建の勉強会は、翌8月16日()に行います。

多重債務・生活再建の勉強会

調停・過払い金返還勉強会に加えて、破産手続きの勉強会など多重債務全般のほか、生活するうえでの困りごと「なんでも勉強会」です。

会員の方は、どなたでも参加できます。足が遠のいている方もお気軽にどうぞご参加ください。

  • 毎週月曜日(月曜が休日の場合は翌火曜日)午後7時00分〜午後9時00分

コメントを残す