第2回貧困・多重債務・自殺予防対策ネットワーク香川研修会「ギャンブル依存と自殺予防」

ギャンブルによる多重債務や家庭の混乱などの相談に携わりながら、繰り返される問題を目の当たりにして「法の無力」を感じたり、福祉や医療の現場でギャンブル・借金問題に遭遇して戸惑いを感じたりしたご経験はおありと思います。

ギャンブル問題は自殺の危険因子と思われますし、ギャンブルを原因とする自殺も後を絶ちません。

第2回研修会では、ギャンブル問題を取り上げました。

テーマ
「ギャンブル依存と自殺予防」
講師
滝口直子(大谷大学文学部教授)
日時
2010年9月20日(・敬老の日)午後1時30分〜午後4時30分
場所
〒761-0301香川県高松市林町2217番地1 サンメッセ香川2階中会議室(101人定員)
参加費
無料
対象
援助者
援助職
当ネットワークに関心のある方
主催
貧困・多重債務・自殺予防対策ネットワーク香川
協同代表
三野進(精神科医)
兼光弘幸(弁護士)
西尾和之(司法書士)
連絡先
高松あすなろの会

電話
087-897-3211

講師略歴

  • 滝口直子(たきぐち・なおこ)

京都大学教育学部教育心理学科卒業。

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)民俗・神話学際プログラム、博士課程修了(Ph.D.取得)。

大谷大学短期大学部、文学部助教授をへて2000年より大谷大学文学部教授。

ギャンブル問題を抱える家族のための支援・教育を京都、大阪で提供。

西日本各地での自助グループの記念行事や、京都府の精神保健福祉総合センター、大阪市のこころの健康センターなどでギャンブル依存についてのセミナーの講師を勤めるとともに、ギャンブル依存の矯正教育の可能性を探っている。

著書

単著
GAサーベイ2008』
『ギャマノンサーベイ2009』
共著
『ギャンブル問題を抱え込んで困っているあなたへ: どうすればいいの、家族は?』
『A子と依存症』
『[自己]の揺らぎと異変』
『[依存症]の理解』

コメントを残す