『あすなろ通信』2015年11月第181号

発行
高松あすなろの会
主な記事

高松あすなろの会の相談体制が変わります

毎月1回、定例会を開催します

11月より、毎月第1金曜日、午後6時30分より、高松あすなろの会定例会を開催します。しばらく、定例会はお休みしていましたが、数年ぶりに開催することになりました。

久しぶりに、高松あすなろの会にお越しいただいて、近況報告などしていただけると、とても嬉しいです。堅苦しい勉強会ではなく、肩ひじ張らずに和気あいあい何でも話せる集いにしたいと思います。遅れて来られても、早めにお帰りになられてもかまいません。お気軽にお越しください。

初回は、11月6日()午後6時30分より開催いたします。なお、2016年1月の定例会は、第1金曜日は元旦のため、1月8日()に開催いたします。

毎週月曜日に開催していた学習相談会は、しばらく休止いたします

毎週月曜日に開催していた、学習相談会は、しばらくお休みさせていただきます。毎週月曜の学習相談会は、毎月第1金曜日の定例会に形式を変えることになりました。

相談時間が午後5時までとなります

これまで相談時間は、平日の午前10時〜午後6時でしたが、1時間短縮させていただきます。相談時間は、平日午前10時〜午後5時(・祝日・年末年始休)となりますのでよろしくお願い申し上げます。

本年度の年末年始休暇のお知らせ

本年度の年末年始休暇は、2015年12月29日()〜2016年1月4日()とさせていただきます。年末は2015年12月28日()まで、年始は2016年1月5日()より通常通り相談日となります。

四国四県でクレプトマニア(窃盗症)のグループミーティングが出来ます

2013年6月に、クレプトマニアのグループミーティングが香川に始まって以来、2014年12月に高知で、2015年4月より徳島で相次いで誕生し、この9月25日には愛媛県松山でも第1回目のミーティングが開かれ、四国4県のどこでもグループミーティングに参加できるようになりました。

2年前には、全国で5〜6都府県しかなかった自助グループやグループミーティングも現在では17都府県に増えています。

岩手、新潟、福島、群馬、埼玉、東京、神奈川、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、広島、香川、徳島、高知、愛媛となっています。また、現在設立準備中の県も幾つかあります。

  • 四国の情報については鍋谷(090-2820-2925)までお尋ね下さい。

群馬でクレプトマニアの分科会

10月24〜25日に群馬県で第35回全国クレサラ・生活再建問題被害者交流集会が開かれました。25日には「クレプトマニア」の分科会が開かれました。

クレプトマニアとその治療について赤城高原ホスピタル竹村道夫院長の講演がありました。当たり前ですが、治療やグループミーティングを中断すると、万引きなど窃盗の再犯が行われやすい、という話はやはり印象的でした。

続いて、林大悟弁護士により「窃盗常習者による事件の弁護〜クレプトマニア弁護を中心として〜」という報告がありました。裁判所におけるクレプトマニアの評価が良くなっている事、再度の執行猶予判決の基準について、重要事項は

  • 医師の意見書や証言
  • 入院治療の継続
  • 本人の治療意欲
  • 家族の協力
  • 判決までのスリップがない事

などが必要とのこと。また、起訴前弁護の重要性も強調していました。

当事者の体験発表もありました。万引きするときは心がハイジャックされているようで、まるで何かに取りつかれている感覚。何年か万引きが止んでいたが、生き方の問題にぶつかったときに、再び万引きにスリップしたそうです。自助グループやグループミーティングは、自分が客観視出来るし、仲間の話に共感出来るし、仲間が常に身近にいる感じで、生きる希望が持てると話していました。

全国の仲間と出会うのはクレサラ被害者の運動と同じように、とても大事な事だと改めて感じました。

  • (鍋谷)

振り込め詐欺(恐喝)の撲滅を願って

  • M. A.(会員)

非常に悪質で、卑怯極まりない振り込め詐欺(恐喝)の撲滅を私たち市民は皆、心から願っている。

香川県内で昨年一年間、振り込め詐欺など特殊詐欺の被害額は何と5億円を超え(過去最悪)、高齢者が狙われたケースが大半だったそうだ。本年度は、警察と金融機関との連携で、被害は減ってきているという。しかし、香川県警によると、今年1月から9月迄の被害額は1億9千万円で被害は続いているとのことである。

私の友人のご両親(60歳代後半で二人暮らし)の家に、先日オレオレ詐欺の電話が掛かってきたそうである。友人の弟さんは東京で会社員をしている。電話に出たお母さんに対して、犯人グル―プから「息子を監禁している」と脅迫され、お金の振込みの指示があった。

電話口に出た息子役の犯人グループの泣き声が、気が動転していたせいか息子さんの泣き声のように聞こえ、お母さんは腰がぬけそうになったという。

そこで、すぐにお父さんが東京の息子さんに携帯電話をかけ、仕事中の息子さんの無事が確認されたのだった。息子さんの同窓会名簿の連絡先を自宅にしてあったのを悪用されてしまったようだ。親の愛情を逆手にとろうとするこのような犯罪は、卑怯極まりない。

迷惑電話を防ぐため、私は以前より電話番号を変え、自宅電話を電話帳に載せる事や104の番号案内で公表する事も止めている。これらの手続きはNTTの電話で済む(電話番号は、固定電話から116。携帯電話からは、0800-2000-116)。在宅時も常に留守番電話にして、相手を確認後に受話器を取る事にしている。結果的に迷惑電話も、悪質商法等の電話も一切掛かってこないようになった。

振り込め詐欺撃退として、香川県警のホームページに次のようにある。(一部抜粋)

  • 「留守番電話大作戦―振り込め詐欺にはだまされない」
  • 「在宅時でも留守番電話にしておけば、振り込め詐欺の犯人と話をしなくてすむため被害に遭わず安心です」
  • 「“私は絶対大丈夫!!”そう言う人ほどだまされやすい」

高齢者対象に「振り込め詐欺撃退装置」無料貸し出し

現在、香川県警では振り込め詐欺等の特殊詐欺撃退のため、新たな機器を無料で貸し出し、警察署員による設置作業が実施されている(限定先着300台)。対象は県内に住む振り込め詐欺にあいやすい高齢者。

「この電話は振り込め詐欺などの犯罪被害防止のため、会話内容が自動的に録音されます。今から呼び出します」-「振り込め詐欺撃退装置」は家庭の固定電話に接続され、掛かってきた電話は受話器をとる前に通話相手に音声が流される(この間、音声の分は着信前なので電話料金はかからないそうである)。県警生活安全企画課によると、振り込め詐欺の犯人は警告を聞いた時点で録音される事を嫌がり電話を切ると考えられ、詐欺の撃退につながるそうである。非通知着信の拒否や事前登録した番号にワンタッチで通報できる緊急ボタンの機能もある。貸し出し期間は1年で、借りた人が設置を続けたいという場合は無料で受け取る事ができる。

  • (この装置の問い合わせ、申し込みは各地域の警察署生活安全課、または香川県警察本部生活安全企画課 ☎087-833-0110まで)

問い合わせや申し込みの際には、電話で署員より振り込め詐欺などの特殊詐欺にあいやすい状況かどうかの確認を受けた後に、先着順となる。問い合わせが相ついでいるため、ご希望の方はお早めにとの事である。

  • (この「振り込め詐欺撃退装置」の無料貸し出しは、全国の都道府県のうち予算が計上された所で実施されている)

機器を設置後の、ある一人暮らしの高齢者の方の話しでは、それまで毎日のように掛かってきていた悪徳商法等の迷惑電話がピタリと止み、とても安心して生活出来るようになり、心からホッとされているそうである。

望年会のご案内

毎年恒例の「高松あすなろの会・南ファミリー劇団貸切公演 望年会」を今年も盛大に開催いたします。人情時代喜劇で笑って泣いて、華やかな舞踊絵巻をご堪能ください。
ご家族、お友達の方もお誘い合わせ、ふるってご参加ください。

日時
2015年12月18()午後6時40分より
場所
芝居茶屋 新道しるべ(南ファミリー劇団の店) 〒769-0311香川県仲多度郡まんのう町十郷買田4940877-75-5351
集合(高松送迎の場合)
高松あすなろの会 出発17:50各自で直接現地においでになっても結構です。高松送迎ご希望の方は、お申込みの際にお伝えください。

参加費
3,500円(お弁当、飲物付)差し入れ大歓迎!!

参加希望の方は、12月16日()までに事務所までご連絡をお願いします。

南ファミリー劇団(プロフィール)

今より34年前、家族7人で結成されたボランティア劇団。

大衆演劇の劇団でありながら、旅回りはせず地元香川に根付き、今では劇団員17人全員が四世代の家族という大変珍しいプロ劇団に成長。演目の多くは『親子愛・夫婦愛・家族愛』など、今の日本人が忘れかけている情愛をテーマにした人情芝居。

各県市町の社会福祉団体・教育委員会よりの公演依頼も多く、福祉活動だけではなく社会教育にも貢献。またロサンゼルス・ハワイ・シドニー・パリと海外での公演回数も15回を越え、地域文化振興、民間サイドの国際親善大使としても活躍。またチャリティー公演や、老人ホーム・障害者施設への慰問公演なども行い、社会的、文化的に高く評価されている劇団です。

コメントを残す