クレジット・サラ金・ヤミ金や生活に困ったら高松あすなろの会 - -

文字サイズ
自動
100%
125%
150%
175%
200%
250%
300%
400%

市民公開講座 〜ギャンブル問題を考える〜

講演1「依存症とメカニズムについて!」
安岡克倫
  • 医療法人杏林会高知ハーモニーホスピタル医師
  • 精神科医

アルコール依存症の治療を専門におこなっている。

高知県では初めて久里浜方式(ARP)を用いた治療を行っている。

講演2「その借金、ギャンブル依存かも?」
吉田精次
  • 社会医療法人あいざと会藍里病院副院長
  • 精神科医

アルコール・ギャンブルなどの依存症の治療を専門におこなっている。

ギャンブル依存は2005年より治療を始め、徳島県でもここ数年この問題での受診が増加している。

体験談
体験談1 家族の立場から
体験談2 当事者の立場から
日時
2013年5月18日()午後1時から午後4時30分まで(開場午後0時30分)
場所
高知県立大学 永国寺キャンパス203教室(高知県高知市永国寺5番15号)
参加対象
一般の方(自由参加・無料)
問合せ先
高知うろこの会(高知クレジット・サラ金被害者の会)
電話
088-822-2539
主催
四国・ギャンブル問題を考える会
共催
高知クレジット・サラ金問題対策協議会
高知うろこの会