クレジット・サラ金・ヤミ金や生活に困ったら高松あすなろの会 - -

文字サイズ
自動
100%
125%
150%
175%
200%
250%
300%
400%

自殺予防事業研修会 アディクション型犯罪の理解と支援 再犯防止のために私達は何ができるのか

近年、万引きや性犯罪、違法薬物使用など止めたくても止められない「アディクション型犯罪」の理解は少しずつ広がっています。しかし、死ぬことでしか止められないと苦しんでいる当事者の実態や思いなど、まだまだ私たちは理解を広げる必要があります。2016年より「刑の一部執行猶予制度」も始まり、社会の中で再犯防止を図るための治療や支援が急がれます。アディクション型犯罪を防ぐ地域の役割について一緒に考えていきましょう。

日時
2017年2月16日() 午後1時30分〜午後4時30分 (開場 午後1時)
会場
香川県薬剤師会朝日町会館 2階会議室(定員120名)

プログラム

主催
高松あすなろの会
共催
全国クレサラ・生活再建問題被害者連絡協議会
後援
四国地方更生保護委員会
香川県精神保健福祉センター
香川県地域生活定着支援センター

参加申し込み

参加ご希望の方は裏面の参加申込書に必要事項をご記入の上、FAX・電話・メ ールにてお申し込みください。但し、事前申込みなくとも当日参加可能です。

お問い合わせ先

高松あすなろの会
香川県高松市成合町559-15
フリーダイヤル 0120-39-0476
ファクシミリ 087-885-2390
電子メール www@takamatsu-asunaro.org

講師等紹介

林 大悟(はやし だいご)
弁護士
神奈川県弁護士会所属・全国万引犯罪防止機構正会員・一般社団法人アミティ代表理事・日本労働弁護団常任幹事・一般社団法人弁護士業務研究所理事。主にクレプトマニア患者や認知症に罹患した高齢者の万引き事件、性依存症者による性犯罪事件等に特化して全国で弁護活動をしている。(弁護士法人鳳法律事務所)
荒木 龍彦(あらき たつひこ)
法務省四国地方更生保護委員会委員長
1980年法務省入省、法務省保護局法務専門官、国連アジア極東犯罪防止研修所教官、関東・九州地方の4ヵ所の保護観察所長等を歴任。その間に、薬物アルコール依存に対応する地域のネットワーク作りのため、継続的な関係者会議を各地で開催した。東京保護観察所長であった昨年度、一昨年度はAA日本のA類常任理事を務める。

会場案内

会場は80台分の駐車スペースしかありません。乗り合わせでお越しいただけ れば幸いです。

『あすなろ通信』2016年11月第186号

発行
高松あすなろの会
主な記事

『あすなろ通信』2016年7月第184号

発行
高松あすなろの会
主な記事

「万引きを繰り返してしまう」それはクレプトマニアという病気かもしれません

アディクションとしての万引き

お金を持っているのに万引きしてしまう、お金を払って買い物しようと思って店に入ってもいつの間にか万引きしてしまっている、何度警察に捕まっても万引きが止まらない…こんな行動の原因はクレプトマニア(窃盗症)かもしれません。衝動制御障害の中の一疾患です。

『あすなろ通信』2016年1月第182号

発行
高松あすなろの会
主な記事

被連協自殺対策研修会 - 再犯防止への治療・支援 〜死ぬことでしか終われないと思っていた私の万引き〜

万引きを繰り返す人の中に、クレプトマニア(窃盗症)という依存症になっている人がいます。

彼(女)らは、刑務所で服役するだけでは万引きがやめられず、なかには自死という悲しい選択をされた人も少なくありません。

クレプトマニアの人たちの再犯防止のために必要なことのひとつは、依存症の治療と支援です。

今回、犯罪学・刑事政策の第一人者である浜井浩一教授(龍谷大学)と依存症治療の専門家で ある吉田精次医師(藍里病院)をお招きしてご講演いただき、クレプトマニアの人たちの再犯防止について、みなさんと一緒に考えたいと思います。

日時
2016年2月6日(土) 13:20〜16:30(開場 13:00)
会場
香川県社会福祉総合センター 7階 第一中会議室 (参加費無料・当日参加も可)
チラシ
『被連協自殺対策研修会 - 再犯防止への治療・支援 〜死ぬことでしか終われないと思っていた私の万引き〜』PDF 445,929バイト

『あすなろ通信』2015年11月第181号

発行
高松あすなろの会
主な記事

『あすなろ通信』2015年6月第180号

発行
高松あすなろの会
主な記事

万引きがやめられなくてお困りの方へ

お店やスーパーで何度も逮捕され、執行猶予中でありながら万引きがやめられない――こんな相談が時々あります。

愛媛新聞記事『老境の過ち 増加する県内の高齢者万引』

クレプトマニア(窃盗症)に関する新聞記事の転載許可が下りましたのでご紹介します。

文字起こしができていませんがご了承ください。