クレジット・サラ金・ヤミ金や生活に困ったら高松あすなろの会 - 『あすなろ通信』2013年11月第173号 -

文字サイズ
自動
100%
125%
150%
175%
200%
250%
300%
400%

『あすなろ通信』2013年11月第173号

発行
高松あすなろの会
主な記事

大量のヤミ金張紙が突如高松市内に! 貼付け地域等の情報提供のお願い

先月中旬頃から、高松市内に大量のヤミ金の張紙が、雨後の筍(たけのこ)のごとく突如氾濫し始めました。

スーパーマーケットやショッピングセンター近辺の交差点の四つ角の電柱、交通標識等、交差点1箇所に計20〜40枚ずつ、あちこちの交差点に大量の張紙がされています。

当会は2006年に高松市より「違反広告物簡易除却活動団体」の認定を受け、さらに2010年に香川県からも「違反広告物除却サポーター推進団体」の認定を受けて、これまで計2,000枚以上のヤミ金張紙を除却してまいりました。「いたちごっこ」と言われても、ヤミ金張紙の除却を続け、その成果もあって、ここしばらくヤミ金張紙は高松市内、及び香川県内から姿を消し、この1年間は除却活動も休止状態でした。

1年振りに高松市内に貼られたヤミ金張紙は、これまで例を見ない悪質な貼り方で、おそらく高松市内に1,000〜2,000枚位貼られていると推測されます。しかも、一気に貼られており、多人数で行われたものと思われます。

張紙は3種類(3業者名)あり、携帯電話2種、フリーダイヤル1種で、携帯電話番号をインターネットで検索したところ、いずれも九州の番号でした。(九州のヤミ金業者かどうかは不明)

当会では、警察や高松市にも連絡・相談の上、貼られた直後から毎週1〜2回のペースで、1日あたり100数十枚ずつ除却作業をしていますが、まだまだ除却しきれていません。

皆さんのお近く等で、まだ貼られている地域があれば、当会事務所まで情報提供をお願いいたします。

また、貼付けをしているところを目撃した方は、車またはバイク等のナンバーを控えていただき、当会にご連絡をください。当会から、担当警察部署に連絡して捜査していただきます。

〜体験談〜 パチンコがやりたくなったらGAのキーチェーンを握りしめて仲間を思い出す

私は、ギャンブラーでありギャンブル依存症者である。20年以上に渡りギャンブル(パチンコ)にのめりこんでいた。その間に膨大な借金を作り全く身動きが取れなくなり、家族に引きずられあすなろの会へやってきた。そこでGA(ギャンブラーズ・アノニマス)にもつながった。

当初、あすなろの会やGAに「なんで俺が、こんなところにいかないかんのや」って思っていた。行くのも正直ものすごく嫌だった。それは、私自身がこれまで自分のことしか考えず借金をし、ギャンブルをし、家族や周囲の人たちに迷惑をかけてきたことを何も思わず身勝手なわがまま以外の何物でもないことをしていたからである。また、そのことに全く気付いていなかったからである。

しかし、あすなろの会の勉強会に参加し、サラ金への過払い金請求の勉強、裁判への対応、弁護士への依頼等、さまざまな借金対策の知識を教わることで、借金問題は自分一人で考えても絶対に解決しないし、家族や第三者の人達に協力してもらわないと解決の道は見えてこないことも教わった。勉強会に通うことで、借金に関しての基本的なことから専門的なことまで、これまで私の借金に対する考えが180度変わったように思えた。

GAについては、ギャンブル依存症者にはなくてはならないものだと私は思う。これまでギャンブルによる借金のことを一人で考えて内にこもっていた。(実際、自ら命を絶つことも考えた。)自分が今までやってきたこと、家族に対して絶対に必要な生活費もギャンブルにつぎ込み、嘘をついてパチンコ店に入り浸り迷惑をかけていたことなどを、同じ立場の人達と話をし、分かち合うことによって、自分の行為を振り返り、悔やみ反省することで二度とギャンブルはしないという精神状態を保つことで回復へ向かっているように思える。

ギャンブル依存症者の私は、正直なところ、パチンコをやりたいという気持ちはまだ消えていない。心の奥底がパチンコをやりたいと叫んでいるときは、GAで戴いたキーチェーン(GAメンバーである証)を握りしめ、仲間を思い出す。そうすることで、私も現在1年以上ギャンブルはしていない。でも、依存症者であることから、いつギャンブルをしてしまうこと(スリップすること)になるかの恐怖(元のギャンブル・借金生活に戻ること)と隣り合わせでいることは間違いない。だが、GAに通い続けることでその恐怖に打ち勝つことができると私は理解しているし、信じている。

しかし、これまで長年の間自分自身がやってきたことを、そう簡単に整理できるものではない。借金の整理・信用の回復等様々な問題がまだまだ山積みである。その中でも家族・友人・知人・親戚・職場の仲間とのトラブル等もギャンブルに伴う借金が引き金となりおこっている。家に居ても、職場にいても気の休まる所がない、ないような気がする、何かみんなが私のことを噂している、していなくてもしているような気がする、人の目が気になって仕方がなく、精神的にも不安定な状態であることは間違いないし、家族に何か起これば私のせいじゃないか、職場で何か失敗すればそれが原因だとか、そういった考えばかりが頭の中をめぐるようになっている。

本当にそうかもしれない。

でも、それに対して自分に何ができるのか、何をしなければならないか、ギャンブラーの私にはまだはっきりとした答えが見つかってはいない。それは、これまで周りの人達が助けてくれたり手を差し伸べてくれたりしていたので、甘えているのだと思う。解決に向けての一歩が踏み出せないでいる。

しかし、もう誰も助けてはくれない、自分で解決しなければならない。あすなろの会やGAにつながり今現在自分がどのような立場におかれているかは分かっているつもりであるが、その狭間にあって今非常に悩んでいる。プライドを捨ててがむしゃらにいかなければならない。嘘をつかず誠実に生きなければならない。これまでの考え方や性格をすべて変えなければならないと思う。

言葉や文章にするのは簡単だが、自らが行動に移らなければこのことは解決しない。一歩、いや半歩ずつでも解決に向け進んでいけたらと思う。いや、進んでいかなければならない。私が迷惑を掛けた人達の為、いまだ掛けている人達の為に。

私自身の一生の問題として取り組んでいかなければならない。

最後に、私が今わかっていることが一つだけある。

それは、ギャンブラー(ギャンブル依存症者)は、GAに通えば通い続ければ必ず回復につながる。あすなろの会へ通えば、借金や生活改善の問題は必ず回復し解決に向かう。

と、私は思う。

反貧困全国キャラバン2013 in 香川 アンケート

10月9日〜12日に行われた、反貧困全国キャラバン2013 in 香川において、12日の集会時に会場にお越しいただいた方のアンケート結果です。

もし、あなたの所持金がゼロになったら、明日の生活費はどうしますか?
合計 51 37 88
親兄弟に相談する 25 15 40
行政やNPOなどに相談する 17 12 29
銀行や消費者金融などから借りる 1 0 1
気合で何とかする 2 7 9
どうしていいかわからない 6 3 9
仕事をしていて、一番つらいことは何ですか?
合計 51 30 81
低賃金 8 4 12
人間関係 17 9 26
勤務時間や休日 21 14 35
不安定な地位 5 3 8
あなたが、次の中から今一番ほしいものは何ですか?
合計 53 35 88
仕事・キャリア 7 1 8
自分や家族の健康 18 13 31
休暇など、仕事以外の時間 12 10 22
良好な人間関係や人とのきずな 16 11 27
あなたが国に一番してほしい政策は何ですか?
合計 54 36 90
景気対策 10 3 13
子育て・教育支援 15 9 24
医療・福祉の充実 28 22 50
治安・安全対策 1 2 3

高松あすなろの会2013年南ファミリー劇団貸切公演年会のご案内

日時
2013年12月14日()
場所
芝居茶屋 新道しるべ(南ファミリー劇団の店)香川県仲多度郡まんのう町十郷買田494 電話0877-75-5351
参加費
3,500円

参加希望の方は、12月12日までに事務所までご連絡をお願いします。

万引きがやめられなくてお困りの方へ

何度も逮捕され、執行猶予中でありながら、万引きがやめられない――クレプトマニア(窃盗症)の問題でお悩みの方は、高松あすなろの会へご相談を。

多重債務・生活再建の勉強会

調停・過払い金返還勉強会に加えて、破産手続きの勉強会など多重債務全般のほか、生活するうえでの困りごと「なんでも勉強会」です。

会員の方は、どなたでも参加できます。足が遠のいている方もどうぞお気軽にご参加ください。

「継続は力なり!」毎週かかさず参加しましょう。

前の記事
『あすなろ通信』2013年9月第172号
次の記事
『あすなろ通信』2014年2月第174号