クレジット・サラ金・ヤミ金や生活に困ったら高松あすなろの会 - 第1回貧困・多重債務・自殺予防対策ネットワーク香川研修会「うつ病について」 -

文字サイズ
自動
100%
125%
150%
175%
200%
250%
300%
400%

第1回貧困・多重債務・自殺予防対策ネットワーク香川研修会「うつ病について」

1998年以降12年間、自殺者数が年間3万人を越え続けていますが、いまだに減少する兆しは見えていません。労働法制の改悪やセーフティネットのほころびなどによって生きづらい状況が続いているからとも言われています。


香川でも労働・医療・社会保障・生活保護・法律問題・多重債務問題などの相談が様々な機関や団体・専門家によって行われていますが、例えば精神保健専門家と法律専門家との交流がほとんどないなどの事情から本人が抱えている問題の解決がなかなか進まないことも少なくありません。このような異業種間の交流による自殺予防を始めとしたセーフティネットの構築が今必要と思われます。

そこで、私たちは異業種による貧困・多重債務・自殺予防のネットワークを作るべく、連続研修会を企画しました。特に自殺予防は「連携」のみならず「連動」できる体制が求められており、知識の共有と同時に人脈が大切になります。

第1回目の研修会は「うつ病」についてお話し頂き、いろいろな分野や立場からの意見交換ができればと考えています。

テーマ
「うつ病について」
講師
三野進(精神科医)
日時
2010年7月15日()午後6時30分〜午後8時30分
場所
〒761-0068香川県高松市松島町一丁目15番1号 高松市民文化センター4階 第3集会室
参加費
無料
主催
貧困・多重債務・自殺予防対策ネットワーク香川
連絡先
高松あすなろの会
電話
087-897-3211
前の記事
自死・自殺対策書
次の記事
第2回貧困・多重債務・自殺予防対策ネットワーク香川研修会「ギャンブル依存と自殺予防」