クレジット・サラ金・ヤミ金や生活に困ったら高松あすなろの会 - 被連協自殺対策研修会 - 再犯防止への治療・支援 〜死ぬことでしか終われないと思っていた私の万引き〜 -

文字サイズ
自動
100%
125%
150%
175%
200%
250%
300%
400%

被連協自殺対策研修会 - 再犯防止への治療・支援 〜死ぬことでしか終われないと思っていた私の万引き〜

万引きを繰り返す人の中に、クレプトマニア(窃盗症)という依存症になっている人がいます。

彼(女)らは、刑務所で服役するだけでは万引きがやめられず、なかには自死という悲しい選択をされた人も少なくありません。

クレプトマニアの人たちの再犯防止のために必要なことのひとつは、依存症の治療と支援です。

今回、犯罪学・刑事政策の第一人者である浜井浩一教授(龍谷大学)と依存症治療の専門家で ある吉田精次医師(藍里病院)をお招きしてご講演いただき、クレプトマニアの人たちの再犯防止について、みなさんと一緒に考えたいと思います。

日時
2016年2月6日(土) 13:20〜16:30(開場 13:00)
会場
香川県社会福祉総合センター 7階 第一中会議室 (参加費無料・当日参加も可)
チラシ
『被連協自殺対策研修会 - 再犯防止への治療・支援 〜死ぬことでしか終われないと思っていた私の万引き〜』PDF 445,929バイト

前の記事
『あすなろ通信』2015年11月第181号
次の記事
『あすなろ通信』2016年1月第182号